• 司法書士あんしん相続

8/22 8/23 土日相談実施

8月22日(土)、8月23日(日)は土日営業致します!

10:00~18:00の間で1時間の個別無料相談を承り、相続・遺言の流れや費用、気になることにお答えしていきます。もちろんオンライン相談も受け付けております。


平日は仕事で相談する時間がない・・・という方にぜひお越し頂きたいと思います。

予約ページから空きをご確認の上、ご予約下さい。


当事務所では、新型コロナウイルスの感染防止策として、消毒液による清掃、十分な換気、マスク着用での対応等を行っております。

また、予約ごとに30分の間隔を空けているので、お客様同士が顔を合わせることは基本的にありません。


ご予約お待ちしております。

関連記事

すべて表示

令和3年民法・不動産登記法改正 相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律制定 所有者不明土地の解消に向けて不動産に関するルールが大きく変わります。 ①所有者がすぐ分かる! 相続などに伴う登記の申請が義務化され、登記簿で所有者を調べやすくなります。 ②もっと土地が使える! 共有や財産管理のルールが改正され、所有者不明土地も利用しやすくなります ③相続によって取得した土地を手放せる!

司法書士の岩田です。 自分で相続登記を行う際にはまりやすい、被相続人の住所が登記と一致しない問題の対処法を書いていきたいと思います。 「被相続人の住所が登記と一致しない」とは まず不動産の登記情報(登記簿)には、「表題部」と「権利部」が記録されています。 「表題部」…土地や建物の面積や用途など、主に外形的な情報が記録される 「権利部」…過去および現在の所有者や抵当権者など、権利に関する情報が記録さ

祖父母や両親の土地に家を建てるときの流れや注意点についてご説明します。 この記事では、準備段階として土地や関係者の現状を確認するところに焦点を当てています。 土地は誰の所有ですか? あなたが20歳以上で、土地の所有者が60歳以上の父母又は祖父母であれば、相続時精算課税制度を利用して土地の贈与を受けられる可能性があります。この制度なら、2500万円の特別控除がありますので、一括贈与による贈与税の問題