• 司法書士あんしん相続

相続登記義務化に続報!

最終更新: 3月6日


【前回記事】

【日誌】相続登記の義務化はいつ?


皆さん、こんにちは。代表の岩田です。

以前、相続登記の義務化について記事を書きましたが、続報のニュースを見つけましたのでご紹介させていただきます。


土地登記は相続3年内に、違反なら過料 法制審答申: 日本経済新聞



法改正についての要綱案はこちらから確認できます。


法務省:「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等に関する要綱案」(令和3年2月2日開催決定)


相続登記義務化の内容は

  • 取得を知ってから3年以内に登記申請の義務

  • 違反すれば10万円以下の過料

  • 2023年度に施行の予定

と、前回ご紹介した内容とほとんど同じになります。


今回は「土地所有権の国庫への帰属の承認等に関する制度の創設」として、相続した土地を手放すことができる制度が議論されており、こちらも非常に興味深い内容となっています。


これまで、相続する土地が遠方であったり、山林である場合、相続人には財産というよりむしろ負担になるケースがたびたびありました。こういった売却できないような(または活用の選択肢がないような)土地は我々相続の専門家でもアドバイスが難しく、悩みの種でしたので、本制度の実現には大きな期待を寄せています。ただ、国庫への帰属には、

  • 土地上に「建物」や「土地の通常の管理又は処分を阻害する工作物、車両又は樹木」がないこと

  • 土地に他者による権利が設定されていないこと

  • 境界が明らかでない土地、所有権について争いがある土地でないこと

  • 管理上の問題がないこと(土壌汚染等)

  • 「負担金」を10年分納付(記事中では200㎡の宅地で80万円程度)すること

などといった条件があり、実際にどの程度使える制度なのかは続報を待つ必要がありそうです。

特に「土地の通常の管理又は処分を阻害する…樹木」の部分、これだと一般的な山林が対象になるのかどうか・・・^^;

続報があり次第記事にしてお届けしたいと思います。それでは!


【1時間の無料相談&費用お見積りは24時間受付中】

無料相談をオンライン予約する

関連記事

すべて表示

「長期間相続登記等がされていないことの通知(お知らせ)」が届いたら

皆さん、こんにちは。代表の岩田です。 毎年2月は、司法書士会連合会が定める「相続登記はお済みですか月間」として、30年以上にわたって相続登記のなされていない土地の相続登記を推し進めるべく取り組んでいます。 このような土地の登記上の所有者(=亡くなられた方)の法定相続人に法務局からの通知が発送されることがあり、いきなり通知書を受け取った方は驚かれると思います。 通知が来た土地については、法務局で物件

【日誌】新年のご挨拶

代表の岩田です。 新年あけましておめでとうございます! 昨年は当事務所の開業の年でしたが、本当に様々な方にお世話になりました。 多くのお客様にもご依頼を頂き、誠にありがとうございました。 この場を借りて感謝を申し上げます。 2020年は社会の在り方が変容する特別な年だったように思います。 今年は変化する時代に対応するべく、挑戦することを目標に1年間頑張りたいですね。 そのために、異業種交流チームへ