• 司法書士あんしん相続

【日誌】越境した枝を切れるようになるそうですよ

最終更新: 1日前

代表の岩田です。

先日、相続登記義務化に関するセミナーに参加してきました。

実際の内容としては民法と不動産登記法の改正をチェックするもので、相続登記以外の民法の改正も重要なものが多いな、という感想でした。


改めて民法の改正について資料を見ていると、民法第233条の「竹木の枝の切除及び根の切取り」の規定に変化があり、これは興味深い内容でした。


民法第233条(改正案、令和3年4月21日成立)

(旧)

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。


(新)

土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

2 前項の場合において、竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。

3 第一項の場合において、次に掲げるときは、土地の所有者は、その枝を切り取ることができる。

一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。

二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。

三 急迫の事情があるとき。

4 (以下略)


法務省:民法等の一部を改正する法律案 新旧対照条文 より引用

(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00179.html)



この条文は民法の基礎を学ぶときによく出てくるんですよね。

木の「枝」については所有者に切ってもらう請求権しかありませんが、木の「根」は自分で切ることができる、という面白い違いがあるせいでしょうか。

(理由は色々な議論があり、確定していないようです)


民法第233条第2項

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。



「枝」が伸びてきたとき、木の所有者が協力してくれればよいのですが、そうでない場合には訴訟を提起しなければなりませんでした。所有者がわからないような場合(土地の登記簿の相続登記がされておらず、現在の所有者が分からない)もあり、実務でも扱いが大変だったようです。


今回の改正で、そういった状況でも対応ができるようになり、越境で困っている方には朗報かと思います。(施行日はまだですけどね)


以上、勉強の復習でした^^


【1時間の無料相談&費用お見積りは24時間受付中】

無料相談をオンライン予約する

記事についてご意見・ご指摘等ございましたらサイト管理者(代表)までお知らせください。

関連記事

すべて表示

【日誌】司法書士相続登記相談センターの話

こんにちは!代表の岩田です。 本日、司法書士会からのメールで相続登記に関してのチラシが届きました。 「司法書士相続登記相談センター」は全国の司法書士会単位でセンターが設置されているようです。 岐阜なら、「岐阜県司法書士相続登記相談センター」といった具合ですね。 「岐阜県司法書士相続登記相談センター」を開設します。 | 岐阜司法書士会 https://www.gifu-shihoushoshi.or

【日誌】ホームページは自分で作ってます!

こんにちは!代表の岩田です。 近頃急に熱くなってきました~。クーラーを使うかどうか、けっこう悩みます… 日中外にいる方は、熱中症に気をつけてくださいね。 今日は時間があったので、ずっと先送りにしていたトップページを更新。 今までトップページの上部は自分が写っている写真でしたが、もっと分かりやすく訴求力のあるイメージに差し替えたいと思い、こんな感じにしてみました。 いかがでしょうか!?笑 作成にあた

【日誌】3年以内に相続登記義務化ですってよ

代表の岩田です! ブログの更新をだいぶサボってしまいました; 相続に関して大きなニュースがありましたので、久々に記事更新です。 先月、不動産相続登記の義務化を含む法律が国会で成立しました。 実際に義務化が始まるのは、これから3年以内とされていますが、なんと今回の相続登記の義務化は、過去に発生した相続についても対象となっています。 つまり、もはや相続の登記をせずに放置することは許されなくなりました。