• 司法書士あんしん相続

【日誌】越境した枝を切れるようになるそうですよ

更新日:6月23日

代表の岩田です。

先日、相続登記義務化に関するセミナーに参加してきました。

実際の内容としては民法と不動産登記法の改正をチェックするもので、相続登記以外の民法の改正も重要なものが多いな、という感想でした。


改めて民法の改正について資料を見ていると、民法第233条の「竹木の枝の切除及び根の切取り」の規定に変化があり、これは興味深い内容でした。


民法第233条(改正案、令和3年4月21日成立)

(旧)

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。


(新)

土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

2 前項の場合において、竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。

3 第一項の場合において、次に掲げるときは、土地の所有者は、その枝を切り取ることができる。

一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。

二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。

三 急迫の事情があるとき。

4 (以下略)


法務省:民法等の一部を改正する法律案 新旧対照条文 より引用

(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00179.html)



この条文は民法の基礎を学ぶときによく出てくるんですよね。

木の「枝」については所有者に切ってもらう請求権しかありませんが、木の「根」は自分で切ることができる、という面白い違いがあるせいでしょうか。

(理由は色々な議論があり、確定していないようです)


民法第233条第2項

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。



「枝」が伸びてきたとき、木の所有者が協力してくれればよいのですが、そうでない場合には訴訟を提起しなければなりませんでした。所有者がわからないような場合(土地の登記簿の相続登記がされておらず、現在の所有者が分からない)もあり、実務でも扱いが大変だったようです。


今回の改正で、そういった状況でも対応ができるようになり、越境で困っている方には朗報かと思います。(施行日はまだですけどね)


以上、勉強の復習でした^^


【1時間の無料相談&費用お見積りは24時間受付中】

無料相談をオンライン予約する

記事についてご意見・ご指摘等ございましたらサイト管理者(代表)までお知らせください。

関連記事

すべて表示

【自分で相続登記】被相続人の住所が登記と一致しないときの対処法

司法書士の岩田です。 自分で相続登記を行う際にはまりやすい、被相続人の住所が登記と一致しない問題の対処法を書いていきたいと思います。 「被相続人の住所が登記と一致しない」とは まず不動産の登記情報(登記簿)には、「表題部」と「権利部」が記録されています。 「表題部」…土地や建物の面積や用途など、主に外形的な情報が記録される 「権利部」…過去および現在の所有者や抵当権者など、権利に関する情報が記録さ

祖父母や両親の土地に家を建てるときの注意点!

祖父母や両親の土地に家を建てるときの流れや注意点についてご説明します。 この記事では、準備段階として土地や関係者の現状を確認するところに焦点を当てています。 土地は誰の所有ですか? あなたが20歳以上で、土地の所有者が60歳以上の父母又は祖父母であれば、相続時精算課税制度を利用して土地の贈与を受けられる可能性があります。この制度なら、2500万円の特別控除がありますので、一括贈与による贈与税の問題

【コラム】特別受益・寄与分って?民法改正で相続のルールが変わっています!

【記事公開日】令和2年12月21日 【最終更新日】- 【目次】 はじめに 特別受益(民法第903条) 持ち戻し免除の意思表示の推定(民法第903条第4項) 寄与分(民法第904条の2) 特別の寄与・特別寄与料(民法第1050条) 実際のところ使える制度なの? まとめ はじめに 2019年の民法改正により、「特別受益」や「寄与分」といった相続に関するルールが一部追加・変更されました。「特別受益」「寄